2018/06/07 16:33

本日は、愛知県瀬戸市で作陶されている齋藤 一さんの、やわらかな日差しが似合う器たちのご紹介です。

さわやかに はなやかに そっと、食卓へ。 
磁器のベースの上に、 色をつけた土や釉薬を4~6層薄く重ね 、
高温、低温で焼成を繰返し特有の不均一な色や質感を出した齋藤さんの器。  

ひとつひとつ手作業ならではの表情があり、
 細部まで独特の温かみを感じる逸品です。

スタッキング収納も可能なので、 ご家族で揃えても◎ 

齋藤 一  / Bowl 12cm / 16.5cm